CLOSE

中学の学び

キャリア教育

一人ひとりの可能性を広げ、理想の未来へ導く。

学園卒業後の進路を考える上で、より身近で具体的なものにしてゆくために進路学習を行います。

文化講演会

医師、弁護士、会計士、学術博士、エンジニア、シェフ、アナウンサーなどさまざまな分野で活躍する卒業生を招いて講演会を行います。
自分たちと同じ学園で学んだ先輩の体験や仕事の話を聞いて、視野を広げることができ、さらに、今の自分を見つめ、中学校生活をよりよく向上させていくことにつながっています。

創価大学研修(3年生)

東京・八王子の創価大学で2泊3日の研修を行います。

キャンパスの見学や各学部での講義を受講、本校卒業生や留学生との交流を通して、将来の進路を考える機会としています。

また、高校進学後の学びの目標を明確にする契機になります。

職場体験学習(2年生)

総合的な学習の時間として職場体験学習を行います。

2日間にわたって、実際の職場を訪問して社会の仕組みを知り、将来の職業を考える契機になります。

事前には働く意義や社会人として必要な礼儀やマナーも学びます。

サイエンスサマースクール(2・3年生)

中学2・3 年生、高校1 年生の希望者が参加し、創価大学理工学部で2泊3日の研修を行います。

大学でしか触れることのできない本格的な装置や器具を使って、プログラミングや化学実験、生物学実験などを体験することで、理系分野への興味や思考力を深めることができます。

また、進路を考えるうえで視野をひろげる機会となります。

職業講話

職場体験前には、ハローワークの職員による職業講話を実施しています。 職業についての知識や考え方、また社会の情勢などさまざまな角度から職業について考える機会となっています。

この記事はいかがでしたか?

関西創価中学校について
もっと知りたい方はこちら