CLOSE

関西創価中学校

全校ビブリオバトル

2021.06.26

関西創価中学校

6月26日(土)4限目に校内TVシステムを使って『ビブリオバトル全校大会』を実施しました。
これには班予選・クラス予選・学年予選を勝ち抜いた各学年代表の3名が出場し、勧めたい本の魅力について5分間のプレゼンテーションを行いました。
1年生・阪井晴華さんは瀧羽麻子著「ありえないほどうるさいオルゴール店」、2年生・小嶋和代さんは青柳碧人著「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」、3年生・浦上颯太さんは知念実希人著「天久鷹央の事件カルテ」を、それぞれ甲乙つけ難い表現力で語っていました。
オンライン投票の結果、チャンプ本には「天久鷹央の事件カルテ」が選ばれました。

この記事はいかがでしたか?

関西創価中学校について
もっと知りたい方はこちら